今回の自鯖の構成

稼働時間も5年を超えたのと、WordPress運用していくには非力すぎたので、更新することとした。
二次的には、ダウンリンクの速度も大幅に向上していた。やはりFireWall使っているとそれなりのCPUパワーいるな。
今回もCPUはオンボード、SSD,ACアダプターでファンの数を極力なくす方向で選定する。

MB

ATOMもいつの間にか無くなり、Celeronのみとなっているが性能が大幅に向上してはいない。AMD系はと見てみると15W級でオンボードのものがある。PC Watchのレビュー見てみると性能は良さそうだが、最大時は35Wらしい・・・躊躇していたらヒートシンクが1cm大きくなり、ファンが40mm→60mmになった新版が出た。ファン換装すると静音化できそうなのでこれに決める。

BIOSTAR A10N-8800EV6.1 [mini-ITX/オンボードCPU/AMD FX-8800P] AMD FX-8800P搭載 Mini-ITXマザーボード

メモリ

このMBはDDR4のみ対応なので、DDR4から選定。前回4GBだとメモリほぼ使い切っていたので、今回は16GBとした。

SSD

前回使ったCrucialトラブル無かったので今回もメインはこちらとし、容量を250GBとした。バックアップ用は評判良いのでサムスンの500GBを使ってみることとする。

ケース

MBサイズはITXだが、冷却考えてATXサイズとした。値頃で静音タイプなので購入。

Corsair Carbite 100R Silent CC-9011077-WW 優れた静音性を誇るATX対応 ミドルタワーPCケース

電源

今回もACアダプターで作成。玄人志向のセットは廃品種となったので、レビューがまともそうなモノから電源キットを選択。ACアダプターは汎用品を利用した。

zmart DC-ATX-160W 160W ACアダプター電源 キット pico BOX ATX ITX psu

功名

ダウンリンクの速度250Mbpsで頭ウチしていて、こんなものかと思っていたが、このHWで実施すると500Mbps越えで安定して出る。CPU非力すぎるのも考えものか。